• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

経験ゼロの稲葉氏に一本化 侍J監督“本命4人”消えた理由

 元日本ハムの稲葉篤紀氏(44)で一本化された侍ジャパンの次期監督には当初、原辰徳元巨人監督(58)が有力視されていた。巨人監督12年でリーグ優勝7回に日本一3回、09年の第2回WBCでも世界一を果たした実績と経験が評価され、複数のメディアが「最有力候補」と報じていた。

「しかし、あのスキャンダルがネックになった。12年に発覚した例の『1億円不倫問題』です。自らの醜聞をもみ消すために、1億円もの大金を素性の怪しい人間に支払った。次の侍ジャパン監督は、2020年東京五輪の野球日本代表監督を兼ねる。実績や経験は群を抜いていても、果たして地元開催の五輪という大舞台で指揮を執るのにふさわしいのかと、主にアマチュア側から原さんの就任に難色を示す声が出たと聞いています。巨人監督在任中にチームに蔓延した野球賭博の問題も大きかった。五輪の代表監督となれば、いろいろと蒸し返されることもあるでしょう。それを懸念したのか、当初はヤル気満々だった本人も、最近は一気にトーンダウンしているという話が巨人内に広まっていました」(巨人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る