• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

即戦力の主力級がゴロゴロ ソフトバンク二軍は「宝の山」

 ソフトバンクに他球団の視線が集まっている……と言っても一軍ではない。豪華選手を揃える二軍に、ヨダレを垂らす編成担当が多いのだ。

 リーグ2位のソフトバンクは近年、若手の台頭がめざましい。8日に「7番右翼」で出場した上林は、まだ22歳の若武者。スタメンマスクをかぶった甲斐も24歳ながら、正捕手への道のりを歩んでいる。この日こそ4回途中8失点でKOされた先発の石川は、一軍デビューが今季という25歳の新鋭だ。

 その影響もあり、二軍には若手にはじき出された元主力たちがゴロゴロしている。13年首位打者の長谷川(32)、10、11年盗塁王の二塁手本多(32)、一発のある吉村(33)、今季も一軍で先発した山田(29)などだ。

 彼らは今後、一軍復帰のチャンスが減ることはあれ、増えることはないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事