• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブ厚いSB選手層 曽根はフレッシュ球宴MVPでも出番なし?

「二塁手が不在の巨人ならすぐにレギュラーだ」

 ネット裏ではこんな声も聞かれたのは、13日のフレッシュ球宴。ウ軍の9番遊撃でスタメン出場し、2二塁打でMVPに選出された曽根海成(22)のことだ。

 京都国際高から13年育成ドラフト3位で入団。甲子園経験がなく無名校出身ながら、ソフトバンクがドラフト時に発表したスカウトコメントは、「スピード感ある守備、走塁は高校トップレベル。打撃もパワーが付いてくれば、レギュラーを狙える選手」とある。遠投は118メートルの強肩で高校時は捕手経験もあり、二塁送球で1.7秒台を連発していたそうだから、潜在能力は高い。

 4年目の今季は一軍キャンプに抜擢され、開幕直前に支配下登録された。遊撃手として「ポスト今宮」の位置づけだ。

 同年育成ドラフト指名選手は、今季ブレークした1位の石川柊太、4位の張本優大も支配下登録されている。それだけでもスカウトの発掘能力は大したものだが、もっともソフトバンクの戦力は12球団一。「曽根クラスでも一軍で出番があるかどうかわからない」(球団関係者)というから、もったいない話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る