7回無失点12Kの圧巻投球 石川柊太は“ソフト三軍制”の寵児

公開日: 更新日:

「残りものには福がある」とは、よく言ったものだ。

 育成出身のソフトバンク石川柊太(25)が、27日の日本ハム戦に先発。140キロ台後半の直球を軸にスライダー、カーブ、チェンジアップと変化球を織り交ぜ、日ハム打線を翻弄した。7回1安打無失点、12奪三振と、本拠地福岡で圧巻の投球を見せつけた。

 創価大から13年育成ドラフト1位で入団。ヤクルトのエース小川の1年後輩だ。昨季7月に支配下枠を勝ち取り、今季はこれで3勝目(2敗)。

 球団関係者が「大学時代からボールは速かった」と、こう話す。

「今はオーソドックスなフォームだが、当時はトルネード投法。ネックは制球難とケガの多さだった。大学時代から肩ヒジに故障が多く、入団後2年間は治療とリハビリを優先させていたくらいです。ドラフトにかかるかどうかギリギリの選手で、『育成まで残っていてくれたらラッキー』くらいの気持ちだった。石川自身も『育成でもいいからプロに行きたい』と思っているとの情報も得ていたので、指名に至ったというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る