7回無失点12Kの圧巻投球 石川柊太は“ソフト三軍制”の寵児

公開日:  更新日:

「残りものには福がある」とは、よく言ったものだ。

 育成出身のソフトバンク石川柊太(25)が、27日の日本ハム戦に先発。140キロ台後半の直球を軸にスライダー、カーブ、チェンジアップと変化球を織り交ぜ、日ハム打線を翻弄した。7回1安打無失点、12奪三振と、本拠地福岡で圧巻の投球を見せつけた。

 創価大から13年育成ドラフト1位で入団。ヤクルトのエース小川の1年後輩だ。昨季7月に支配下枠を勝ち取り、今季はこれで3勝目(2敗)。

 球団関係者が「大学時代からボールは速かった」と、こう話す。

「今はオーソドックスなフォームだが、当時はトルネード投法。ネックは制球難とケガの多さだった。大学時代から肩ヒジに故障が多く、入団後2年間は治療とリハビリを優先させていたくらいです。ドラフトにかかるかどうかギリギリの選手で、『育成まで残っていてくれたらラッキー』くらいの気持ちだった。石川自身も『育成でもいいからプロに行きたい』と思っているとの情報も得ていたので、指名に至ったというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る