7回無失点12Kの圧巻投球 石川柊太は“ソフト三軍制”の寵児

公開日: 更新日:

「残りものには福がある」とは、よく言ったものだ。

 育成出身のソフトバンク石川柊太(25)が、27日の日本ハム戦に先発。140キロ台後半の直球を軸にスライダー、カーブ、チェンジアップと変化球を織り交ぜ、日ハム打線を翻弄した。7回1安打無失点、12奪三振と、本拠地福岡で圧巻の投球を見せつけた。

 創価大から13年育成ドラフト1位で入団。ヤクルトのエース小川の1年後輩だ。昨季7月に支配下枠を勝ち取り、今季はこれで3勝目(2敗)。

 球団関係者が「大学時代からボールは速かった」と、こう話す。

「今はオーソドックスなフォームだが、当時はトルネード投法。ネックは制球難とケガの多さだった。大学時代から肩ヒジに故障が多く、入団後2年間は治療とリハビリを優先させていたくらいです。ドラフトにかかるかどうかギリギリの選手で、『育成まで残っていてくれたらラッキー』くらいの気持ちだった。石川自身も『育成でもいいからプロに行きたい』と思っているとの情報も得ていたので、指名に至ったというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る