西武12連勝の主役 菊池雄星はメジャー“第1条件”もクリア

公開日:

 3日、楽天戦に先発した西武の菊池雄星(26)が、8回3安打1失点でリーグトップの11勝目。 26年ぶりとなるチーム12連勝の主役となった。お立ち台で「初回に3点を取ってもらって、のびのびと投げることができました」と話したエースは、勝ち星以外にも記録を塗り替えるオマケ付き。五回、先頭のウィーラーに投じた6球目が158キロを計測し、自身の持つ日本人左腕最速記録を1キロ更新した。

 昨年、入団7年目にして自身初の2ケタ勝利となる12勝(7敗)を挙げた菊池は、高校時代からメジャー志向。米スカウトもその動向を注視している。交流戦の最中には、ヤクルト戦のネット裏にドジャースをはじめ5球団のスカウトが集結していた。

 菊池が海外FA権を取得するのは順調にいっても20年オフ。あと2年半もあるが、菊池は昨年11月の契約交渉の場で改めてメジャー挑戦の意思を伝え、球団からはこんな提案があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る