西武12連勝の主役 菊池雄星はメジャー“第1条件”もクリア

公開日: 更新日:

 3日、楽天戦に先発した西武の菊池雄星(26)が、8回3安打1失点でリーグトップの11勝目。 26年ぶりとなるチーム12連勝の主役となった。お立ち台で「初回に3点を取ってもらって、のびのびと投げることができました」と話したエースは、勝ち星以外にも記録を塗り替えるオマケ付き。五回、先頭のウィーラーに投じた6球目が158キロを計測し、自身の持つ日本人左腕最速記録を1キロ更新した。

 昨年、入団7年目にして自身初の2ケタ勝利となる12勝(7敗)を挙げた菊池は、高校時代からメジャー志向。米スカウトもその動向を注視している。交流戦の最中には、ヤクルト戦のネット裏にドジャースをはじめ5球団のスカウトが集結していた。

 菊池が海外FA権を取得するのは順調にいっても20年オフ。あと2年半もあるが、菊池は昨年11月の契約交渉の場で改めてメジャー挑戦の意思を伝え、球団からはこんな提案があったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る