陸上引退のボルト マンU親善試合で“サッカーデビュー”

公開日:

 13日に幕を閉じた陸上の世界選手権を最後に引退した世界最速男の念願がついにかなう。

 14日付の英紙「サン」が報じたところによれば、100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)の世界記録保持者であるウサイン・ボルト(30)が9月2日に行われるサッカーのマンチェスターUとFCバルセロナの親善試合に出場するという。

 記事によると、ボルトは今後、ドイツのクラブチーム「ボルシア・ドルトムント」で練習を行い、当日に備える。

 かねてボルトは引退後の去就に関して「サッカー選手になるのが夢。いくつかのクラブからオファーがある」と話していた。

 12日の4×100メートルリレー決勝で痛めた左太ももに不安を残すが、本人は出場に前向きな姿勢を見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る