陸上引退のボルト マンU親善試合で“サッカーデビュー”

公開日:

 13日に幕を閉じた陸上の世界選手権を最後に引退した世界最速男の念願がついにかなう。

 14日付の英紙「サン」が報じたところによれば、100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)の世界記録保持者であるウサイン・ボルト(30)が9月2日に行われるサッカーのマンチェスターUとFCバルセロナの親善試合に出場するという。

 記事によると、ボルトは今後、ドイツのクラブチーム「ボルシア・ドルトムント」で練習を行い、当日に備える。

 かねてボルトは引退後の去就に関して「サッカー選手になるのが夢。いくつかのクラブからオファーがある」と話していた。

 12日の4×100メートルリレー決勝で痛めた左太ももに不安を残すが、本人は出場に前向きな姿勢を見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る