• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陸上引退のボルト マンU親善試合で“サッカーデビュー”

 13日に幕を閉じた陸上の世界選手権を最後に引退した世界最速男の念願がついにかなう。

 14日付の英紙「サン」が報じたところによれば、100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)の世界記録保持者であるウサイン・ボルト(30)が9月2日に行われるサッカーのマンチェスターUとFCバルセロナの親善試合に出場するという。

 記事によると、ボルトは今後、ドイツのクラブチーム「ボルシア・ドルトムント」で練習を行い、当日に備える。

 かねてボルトは引退後の去就に関して「サッカー選手になるのが夢。いくつかのクラブからオファーがある」と話していた。

 12日の4×100メートルリレー決勝で痛めた左太ももに不安を残すが、本人は出場に前向きな姿勢を見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る