• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

V候補も欠場…世界陸上公式ホテルで食中毒蔓延の不可解

 五輪に次ぐ位置付けの国際大会で緊急事態発生である。

 世界選手権出場のためロンドンの公式ホテルに滞在中の選手団から8日までに胃腸炎の報告が相次いでいるというのだ。国際陸連の発表によれば、これまでに30人近くの選手が症状を訴えている他、英国の保健当局の検査で2件のノロウイルス感染も判明した。男子200メートル、400メートルで優勝候補の一角とされたアイザック・マクワラ(30=ボツワナ)も食中毒のため、7日の200メートル予選、この日の400メートル準決勝欠場を余儀なくされた。

 大会組織委では具体的な国や選手について明らかにしていないが、英メディアによれば、マクワラの他にも有力選手が含まれているという。

 国際大会では有力国の戦力低下を狙って宿舎の食事に一服盛るケースもあるといわれる。今回は公式ホテルのシェフが何者かに買収されたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る