西武OBも同情…菊池雄星に“2段モーション疑惑”なぜ今?

公開日:

「もう8月ですから。僕らはルールに従ってやるしかない。キャンプで確認して大丈夫と言われて、なぜ今なのかと」

 西武の菊池雄星(26)が不満をあらわにするのも当然だ。

 菊池が2段モーションによる反則投球を宣告されたのは、8月17日の楽天戦の二回。それ以降は走者がいない状況でもクイックで投げて完封勝ちしたが、気になるのは今後だ。

 西武の抗議に対し、NPBは「最終的には審判の判断」という玉虫色の回答。いずれにせよ、菊池はフォーム修正を余儀なくされるだろう。

 投手にとって、フォームは繊細かつ、重要なもの。巨人の阿波野三軍投手コーチはかつて日刊ゲンダイの連載で、「90年、当時近鉄でプレーしていた私は、西武の伊原コーチから、牽制がボークだと執拗に抗議された。この年を境に勝ち星が減ったことから、勝てなくなったのは抗議の影響だといわれた。勝ち星が減った最大の原因はそれまでの3年間で705回と3分の2イニングを投げた蓄積疲労だと思うが、抗議によって走者を置いたときの投球に必要以上に神経を使うようになった。結果としてフォームを崩し、本来の投球ができなくなった面は否定できない」と書いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る