西武OBも同情…菊池雄星に“2段モーション疑惑”なぜ今?

公開日: 更新日:

「もう8月ですから。僕らはルールに従ってやるしかない。キャンプで確認して大丈夫と言われて、なぜ今なのかと」

 西武の菊池雄星(26)が不満をあらわにするのも当然だ。

 菊池が2段モーションによる反則投球を宣告されたのは、8月17日の楽天戦の二回。それ以降は走者がいない状況でもクイックで投げて完封勝ちしたが、気になるのは今後だ。

 西武の抗議に対し、NPBは「最終的には審判の判断」という玉虫色の回答。いずれにせよ、菊池はフォーム修正を余儀なくされるだろう。

 投手にとって、フォームは繊細かつ、重要なもの。巨人の阿波野三軍投手コーチはかつて日刊ゲンダイの連載で、「90年、当時近鉄でプレーしていた私は、西武の伊原コーチから、牽制がボークだと執拗に抗議された。この年を境に勝ち星が減ったことから、勝てなくなったのは抗議の影響だといわれた。勝ち星が減った最大の原因はそれまでの3年間で705回と3分の2イニングを投げた蓄積疲労だと思うが、抗議によって走者を置いたときの投球に必要以上に神経を使うようになった。結果としてフォームを崩し、本来の投球ができなくなった面は否定できない」と書いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る