「文武両道あり得ない」下関国際・坂原監督が野球論語る

公開日: 更新日:

 13日に登場する下関国際(山口)は、創部52年で春夏通じて初の甲子園。高校野球の指導者を目指していた坂原秀尚監督(40)は、教員免許取得のために東亜大に通いながら、05年、大学近くの下関国際の監督に就任した。就任前に部員の集団万引が発覚、山口大会の抽選会直前で出場停止処分になるなど荒れ放題だった野球部を立て直した坂原監督の野球論とは――。

■荒れ放題だった野球部を甲子園に

 ――野球部はかなり荒れていたと聞きますが。

「僕が来た当初はそうですね。突然、厳しい監督が来たとなって、(部員が)みんな辞めて最後は1人になりました。その後、3人戻ってきて4人になった。グラウンド整備や道具の扱いが、とにかくヒドかった。野球がうまい下手のレベルじゃない。そういうマナーを教えると、面倒くさがって辞めていくんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  2. 2

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  3. 3

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    英語民間試験に政官癒着 渦中のベネッセが抱える“深い闇”

  7. 7

    ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲の酒をペロッ

  8. 8

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  9. 9

    好発進の渋野 米ツアー通算2勝目に立ちはだかる「英会話」

  10. 10

    クドカンの苦悩告白から読み解く「エール」脚本家降板劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る