なぜ藤浪を広島戦に? 阪神・金本監督の“温情起用”が裏目

公開日:  更新日:

 痛過ぎる黒星だった。

 金本監督は広島との首位攻防初戦を藤浪に託したが、初回に4番松山に先制2ランを浴びるなど4回5失点KO。その後打線が奮起し、阪神は九回に福留の2ランで逆転するも、その裏の安部の逆転サヨナラ2ランで大事な試合を落とした。接戦を制した広島にマジック12が点灯した。

 藤浪は4月のヤクルト戦で畠山に与えた頭部死球のショックから今も右打者には厳しい投球ができない。ローテ通りなら中6日で9月3日の中日戦(甲子園)で投げるはずが、この日の広島戦に起用されたのは、左打者が多いからだという見方があった。

 あるOBは「でも、それは違うと思う」と、こう続けた。

「広島打線は左が多いが、丸、松山、安部の中軸3人はいずれも3割を打っているし、一発もある。3割打者が皆無で貧弱な中日打線の方がはるかに楽。その中日戦に藤浪を起用しなかったのは、不甲斐ない藤浪に対する甲子園のヤジを懸念したからではないか。かつて、エースの井川も不調時に甲子園の厳しいヤジに参って当時の岡田監督は甲子園で登板させなかったことがあるからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る