• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ藤浪を広島戦に? 阪神・金本監督の“温情起用”が裏目

 痛過ぎる黒星だった。

 金本監督は広島との首位攻防初戦を藤浪に託したが、初回に4番松山に先制2ランを浴びるなど4回5失点KO。その後打線が奮起し、阪神は九回に福留の2ランで逆転するも、その裏の安部の逆転サヨナラ2ランで大事な試合を落とした。接戦を制した広島にマジック12が点灯した。

 藤浪は4月のヤクルト戦で畠山に与えた頭部死球のショックから今も右打者には厳しい投球ができない。ローテ通りなら中6日で9月3日の中日戦(甲子園)で投げるはずが、この日の広島戦に起用されたのは、左打者が多いからだという見方があった。

 あるOBは「でも、それは違うと思う」と、こう続けた。

「広島打線は左が多いが、丸、松山、安部の中軸3人はいずれも3割を打っているし、一発もある。3割打者が皆無で貧弱な中日打線の方がはるかに楽。その中日戦に藤浪を起用しなかったのは、不甲斐ない藤浪に対する甲子園のヤジを懸念したからではないか。かつて、エースの井川も不調時に甲子園の厳しいヤジに参って当時の岡田監督は甲子園で登板させなかったことがあるからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る