• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ藤浪を広島戦に? 阪神・金本監督の“温情起用”が裏目

 痛過ぎる黒星だった。

 金本監督は広島との首位攻防初戦を藤浪に託したが、初回に4番松山に先制2ランを浴びるなど4回5失点KO。その後打線が奮起し、阪神は九回に福留の2ランで逆転するも、その裏の安部の逆転サヨナラ2ランで大事な試合を落とした。接戦を制した広島にマジック12が点灯した。

 藤浪は4月のヤクルト戦で畠山に与えた頭部死球のショックから今も右打者には厳しい投球ができない。ローテ通りなら中6日で9月3日の中日戦(甲子園)で投げるはずが、この日の広島戦に起用されたのは、左打者が多いからだという見方があった。

 あるOBは「でも、それは違うと思う」と、こう続けた。

「広島打線は左が多いが、丸、松山、安部の中軸3人はいずれも3割を打っているし、一発もある。3割打者が皆無で貧弱な中日打線の方がはるかに楽。その中日戦に藤浪を起用しなかったのは、不甲斐ない藤浪に対する甲子園のヤジを懸念したからではないか。かつて、エースの井川も不調時に甲子園の厳しいヤジに参って当時の岡田監督は甲子園で登板させなかったことがあるからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る