日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ藤浪を広島戦に? 阪神・金本監督の“温情起用”が裏目

 藤浪は8月16日の広島戦(京セラドーム大阪)が約2カ月半ぶりの一軍登板だったが、五回途中、7四死球(3失点)とボロボロだった。確かにその次の登板は、中10日あけての東京ドームの巨人戦だった。

「そのような配慮は理解できるが、メンタルの弱さを指摘されている藤浪にこの試合は荷が重すぎた」(前出OB)

 金本監督は藤浪の投球について「球自体は悪くない。相手の打力が上回ったと言うしかない」とかばった。メンタル的に弱っているかもしれない右腕に厳しい言葉は禁句か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事