U18W杯 清宮3タコでブレーキも豪に延長11回サヨナラ辛勝

公開日:  更新日:

 U18W杯(カナダ)は日本時間の7日からスーパーラウンドが始まり、B組2位の日本はA組3位のオーストラリアと対戦。「4番・一塁」で出場した清宮(早実)は3打数無安打2四球で2三振を食らった。

 夏の甲子園6本塁打の6番・中村(広陵)も4タコで九回に代打を送られるなど依然として絶不調。プロ注目の2人がこの日も打線のブレーキになり、格下のオーストラリアに大苦戦となった。

 結局、試合はタイブレークの延長戦へもつれ込み、十一回に3番・安田(履正社)がサヨナラ打を放って、なんとか苦しい試合をものにした。

 清宮は「自分がもっと打っていれば楽に勝てたとは思うが、チームがひとつになって、今までで一番楽しい試合。負ける気はしなかった」と振り返った。

 日本は同9日(午前6時)にカナダ(A組2位)、同10日(午前2時)に韓国(A組1位)と対戦する。1次ラウンドの米国、キューバ戦との1勝1敗を引き継いだ今ラウンドの成績は2勝1敗となった。上位2チームが同11日(午前6時)の決勝に進む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る