引き分けも負けに等しく 巨人の逆転CS進出を阻む虚弱体質

公開日:

 負けなかった、のではなく、勝てなかった、という試合である。

 逆転でのCS進出を狙う巨人の高橋監督が「勝負の週」と位置付けた、2位・阪神との3連戦から3位・DeNAとの2連戦へと続く、計5試合の大一番。その初戦、12日の阪神戦で巨人は0―5と一方的な展開を引き分けに持ち込んだ。

「とはいえ、シーズン最終盤を迎えて、追う方のチームに『価値ある引き分け』というのは存在しません。高橋監督は、1点差に迫った八回無死一塁で3番の坂本に、延長十二回の無死一、二塁で4番の阿部に犠打のサインを送った。この試合に懸ける指揮官の気持ちが伝わる采配でしたが、坂本も阿部もきっちりと走者を進めながら、結果的にそれが得点につながらなかった。徒労感の大きい試合になってしまいました。投手では抑えのカミネロが2イニング、セットアッパーのマシソンも2イニングを投げた。2戦目以降のことを考えると、ダメージの残る起用です。なんとしてでも勝たなければいけない試合でした」(評論家の橋本清氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る