• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人は謝罪で落着も 沢村の施術ミスはメジャーなら即訴訟

「米球界ではちょっと考えられませんね」

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

 右肩のコンディション不良を理由に二軍調整中の巨人・沢村拓一(29)について、鹿取GMが球団トレーナーによる施術ミスがあった可能性が高いと認めた一件だ。

 沢村は今春キャンプ中の2月25日に右肩の張りを感じ、同27日にトレーナーからはり治療を受けた。だが、その後も長期間にわたって症状が改善されないため、球団が調査した結果、複数の医師から、「長胸神経麻痺」との診断を受けたという。原因ははり治療で、前鋸筋の機能障害を引き起こした可能性が考えられるとの所見が出されたことで、球団の石井社長、鹿取GM、当該トレーナーが今月9日になって沢村に謝罪。沢村本人がこれを受け入れたというのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る