メジャー16球団集結 大谷の163キロに米スカウトの見方は

公開日:

 約1年ぶりの勝ち星も、本人は満足しなかった。

 12日の楽天戦で、日本ハムの大谷翔平(23)が今季3度目の登板。メジャー16球団のスカウト陣が雁首揃えて見守る中、初回を三者凡退に抑えると、二回には163キロをマーク。当初から80球がメドだったこともあり、5回と3分の2を1安打無失点でマウンドを降りた。

 打線の援護もあり、今季3試合目にして初勝利。昨年の9月28日ぶりとなる白星を手にした大谷はお立ち台で「本当にうれしい」と言いながら、「こんなに(投手復帰が)遅れて申し訳ないという思い。(内容は)いい時に比べたら、まだまだ」と、反省点を口にした。

 本人が話す通り、3四球を与えるなど制球がバラついた。茂木に投じた163キロも、外角のボール球だ。栗山監督も試合後、「まだまだ課題が多い」と苦言を呈した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る