何勝できるか 大谷翔平のメジャー1年目にこれだけの不安

公開日:

 今オフ、ポスティングによるメジャー挑戦が明らかになった日本ハムの大谷翔平(23)が21日のソフトバンク戦に先発。今季最多のメジャー17球団27人のスカウトがネット裏に集結して熱視線を送る中、今季最長の6回108球を投げ、5安打1失点で2勝目を挙げた。ストレートの最速は162キロで毎回の9三振を奪うも、5四球を与えたこともあり、「今日に関してはいいところがなかった。反省を次につなげたい」と話した。

 大谷を巡っては今オフ、メジャー全30球団が獲得に乗り出すといわれ、日本人選手で成功例が多い投手として高く評価しているという。今季は、キャンプ直前に右足首を故障するなど、投手としての登板はわずか4試合にとどまっているが、6回100球をクリアしたこの日の投球は、メジャー球団も一安心といったところではないか。

 新人年から投打の二刀流を継続する大谷は、投手としては日本人最速の165キロのストレートを投げ込み、打者としては日本人野手でもトップクラスの飛距離を誇る。その才能、潜在能力は疑う余地はなく、海の向こうでの大活躍を期待するムキも多いことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る