西武・菊池に米スカウトが秋波「大谷よりはるかにいい」

公開日:

 去る12日、札幌で大谷翔平(23=日本ハム)の投球をチェックしたメジャースカウトは計16球団32人に及んだ。

 大谷の163キロを確認してそのまま帰途に就いたのもいるものの、中には2日後、14日の菊池雄星(26=西武)の投球をじっくり見たスカウトもいた。

 楽天戦で8回を投げ4安打1失点、11奪三振で15勝目(6敗)。勝利数、防御率(2.07)、奪三振(201)と投手部門のタイトルを総ナメにしている菊池を見て、「現時点では、大谷より菊池の方が、はるかにいいピッチングをする」と、あるメジャースカウトはこう言った。

「この日の最速は155キロ。制球がいまひとつ甘いように感じたが、それでも右打者の膝元に食い込むクロスファイアのストレートは魅力だ。140キロ台のスライダーもストレートとほとんど変わらない軌道できて、打者の懐を突き刺すように変化する。メジャーでも左腕の需要が多いことを考えたら、菊池のポスティングが解禁になる来オフが待ち遠しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る