• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武・菊池に米スカウトが秋波「大谷よりはるかにいい」

 去る12日、札幌で大谷翔平(23=日本ハム)の投球をチェックしたメジャースカウトは計16球団32人に及んだ。

 大谷の163キロを確認してそのまま帰途に就いたのもいるものの、中には2日後、14日の菊池雄星(26=西武)の投球をじっくり見たスカウトもいた。

 楽天戦で8回を投げ4安打1失点、11奪三振で15勝目(6敗)。勝利数、防御率(2.07)、奪三振(201)と投手部門のタイトルを総ナメにしている菊池を見て、「現時点では、大谷より菊池の方が、はるかにいいピッチングをする」と、あるメジャースカウトはこう言った。

「この日の最速は155キロ。制球がいまひとつ甘いように感じたが、それでも右打者の膝元に食い込むクロスファイアのストレートは魅力だ。140キロ台のスライダーもストレートとほとんど変わらない軌道できて、打者の懐を突き刺すように変化する。メジャーでも左腕の需要が多いことを考えたら、菊池のポスティングが解禁になる来オフが待ち遠しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事