好投に監督“合格点” ハム斎藤佑はクビ回避で来季も安泰

公開日: 更新日:

 百点満点の一発回答と言ってもいい。

 日本ハムの崖っぷち右腕・斎藤佑樹(29)が、27日のオリックス戦に先発。勝ち負けこそつかなかったが、オリックスのエース・金子と投手戦を繰り広げ、6回5安打2失点でマウンドを降りた。

「丁寧に、低めに集めることだけを意識して集中力を切らさないように投げました」と話した斎藤。もともとの能力を考えれば、6回2失点は上出来だろう。

 近年は毎年のように「ラストチャンス」と言いながら結果を出せず、昨年は0勝1敗。今季もわずか6試合で、1勝3敗、防御率6.75という体たらくだ。それでもこの日の好投で、クビは回避できたのか。

 ある球団OBは「回避したというよりも……」と、こう続ける。

「オフの整理要員には入っていないと聞きました。つまり、もし今日炎上していたとしても、来季は安泰だったというわけです。栗山監督は斎藤には甘いですからね。おそらく、この日の好投で、日ハムは複数球団から斎藤のトレードを申し込まれるでしょう。しかし、栗山監督がそれに応じるかどうか……」

 来季の今頃も、何度目か分からない「ラストチャンス」で投げているんだろうなあ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る