好投に監督“合格点” ハム斎藤佑はクビ回避で来季も安泰

公開日:  更新日:

 百点満点の一発回答と言ってもいい。

 日本ハムの崖っぷち右腕・斎藤佑樹(29)が、27日のオリックス戦に先発。勝ち負けこそつかなかったが、オリックスのエース・金子と投手戦を繰り広げ、6回5安打2失点でマウンドを降りた。

「丁寧に、低めに集めることだけを意識して集中力を切らさないように投げました」と話した斎藤。もともとの能力を考えれば、6回2失点は上出来だろう。

 近年は毎年のように「ラストチャンス」と言いながら結果を出せず、昨年は0勝1敗。今季もわずか6試合で、1勝3敗、防御率6.75という体たらくだ。それでもこの日の好投で、クビは回避できたのか。

 ある球団OBは「回避したというよりも……」と、こう続ける。

「オフの整理要員には入っていないと聞きました。つまり、もし今日炎上していたとしても、来季は安泰だったというわけです。栗山監督は斎藤には甘いですからね。おそらく、この日の好投で、日ハムは複数球団から斎藤のトレードを申し込まれるでしょう。しかし、栗山監督がそれに応じるかどうか……」

 来季の今頃も、何度目か分からない「ラストチャンス」で投げているんだろうなあ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る