好投に監督“合格点” ハム斎藤佑はクビ回避で来季も安泰

公開日:  更新日:

 百点満点の一発回答と言ってもいい。

 日本ハムの崖っぷち右腕・斎藤佑樹(29)が、27日のオリックス戦に先発。勝ち負けこそつかなかったが、オリックスのエース・金子と投手戦を繰り広げ、6回5安打2失点でマウンドを降りた。

「丁寧に、低めに集めることだけを意識して集中力を切らさないように投げました」と話した斎藤。もともとの能力を考えれば、6回2失点は上出来だろう。

 近年は毎年のように「ラストチャンス」と言いながら結果を出せず、昨年は0勝1敗。今季もわずか6試合で、1勝3敗、防御率6.75という体たらくだ。それでもこの日の好投で、クビは回避できたのか。

 ある球団OBは「回避したというよりも……」と、こう続ける。

「オフの整理要員には入っていないと聞きました。つまり、もし今日炎上していたとしても、来季は安泰だったというわけです。栗山監督は斎藤には甘いですからね。おそらく、この日の好投で、日ハムは複数球団から斎藤のトレードを申し込まれるでしょう。しかし、栗山監督がそれに応じるかどうか……」

 来季の今頃も、何度目か分からない「ラストチャンス」で投げているんだろうなあ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る