最終打席は左邪飛 イチロー代打安打最多記録に1本届かず

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(43)は1日(日本時間2日)のブレーブス戦の六回に代打で出場。相手の3番手右腕ウィンクラーにカウント0―2と追い込まれた後、ファウルで4球粘りながらも、10球目を打ち上げて左邪飛に倒れた。守備には就かず、今季最終打席は凡打に倒れ、1995年にバンダーウォール(ロッキーズ)がマークした代打のシーズン最多安打記録(28本)に1本届かなかった。

 メジャー17年目の今季は136試合に出場し、196打数50安打の打率2割5分5厘、3本塁打、20打点。歴代22位のメジャー通算3080安打でシーズンを終えた。

 この日は、9月27日に球団の買収が承認された新オーナー陣が試合を観戦。去就が微妙なイチローはヤンキースで同僚だったデレク・ジーター氏や実業家のブルース・シャーマン氏の前で残留をアピールする一打は放てなかった。

 なお、60号本塁打にあと「1」と迫っていた主砲ジャンカルロ・スタントン(27)は不発に終わり、こちらも大台到達はならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る