3番手降格も ヤ軍田中最終登板で問われる元エースの真価

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)のレギュラーシーズン最終登板が29日(日本時間30日)のブルージェイズ戦に決まった。

 当初の予定では、27日のレイズ戦だったが、ジラルディ監督はポストシーズンを見据えてローテーションを変更。27日は田中に代わって、サバシアと並ぶチームトップの13勝(6敗、防御率3.03=26日現在=以下同)をマークする右腕セベリーノが登板。

 チームは1ゲーム制のワイルドカードゲーム進出が濃厚なため、指揮官は負ければ後がない試合のマウンドを最も安定感のあるセベリーノに託したのだ。ポストシーズンはセベリーノ、今季途中アスレチックスから移籍の右腕グレイ、田中の登板順となる。

 今季の田中は3年連続で開幕投手を務めながら、ここまで35被弾、100失点はチームワースト。「先発3番手」まで評価は下がったが、田中にとってレギュラーシーズン最終戦は汚名返上の絶好の機会でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る