山崎裕之氏が巨人に提言 広島退団2コーチを獲得すべき

公開日: 更新日:

 広島に衝撃が走った。

 5日、石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が今季限りでの退団を発表。球団に辞任を申し入れ、了承された。ともに関東に家族を残しての単身赴任。石井コーチは昨季も球団に辞意を伝えていたが、慰留された経緯がある。

 この日、マツダスタジアムでの全体練習後に開かれた記者会見で、石井コーチは「家族が揃ってゆっくりできる期間が、今を逃したらなくなってしまう」と退団の理由を語った。

 2人は広島を37年ぶりとなるセ・リーグ連覇に導いた立役者だ。16年から打撃コーチに就任した石井コーチは、選手にみっちりとバットを振り込ませて技術の土台をつくる一方、「数字に表れない点の取り方」を徹底。「打率は良くて3割。残りの7割でどうやって点を取るか」という意識を選手に植え付け、とっさの状況判断や駆け引きを体に叩き込んだ。広島が2位巨人に17・5ゲームの大差をつけて25年ぶりとなる優勝を果たした昨季、石井コーチに話を聞いた評論家の橋本清氏はこう振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る