• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山崎裕之氏が巨人に提言 広島退団2コーチを獲得すべき

 広島に衝撃が走った。

 5日、石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が今季限りでの退団を発表。球団に辞任を申し入れ、了承された。ともに関東に家族を残しての単身赴任。石井コーチは昨季も球団に辞意を伝えていたが、慰留された経緯がある。

 この日、マツダスタジアムでの全体練習後に開かれた記者会見で、石井コーチは「家族が揃ってゆっくりできる期間が、今を逃したらなくなってしまう」と退団の理由を語った。

 2人は広島を37年ぶりとなるセ・リーグ連覇に導いた立役者だ。16年から打撃コーチに就任した石井コーチは、選手にみっちりとバットを振り込ませて技術の土台をつくる一方、「数字に表れない点の取り方」を徹底。「打率は良くて3割。残りの7割でどうやって点を取るか」という意識を選手に植え付け、とっさの状況判断や駆け引きを体に叩き込んだ。広島が2位巨人に17・5ゲームの大差をつけて25年ぶりとなる優勝を果たした昨季、石井コーチに話を聞いた評論家の橋本清氏はこう振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る