山崎裕之氏が巨人に提言 広島退団2コーチを獲得すべき

公開日:

 広島に衝撃が走った。

 5日、石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が今季限りでの退団を発表。球団に辞任を申し入れ、了承された。ともに関東に家族を残しての単身赴任。石井コーチは昨季も球団に辞意を伝えていたが、慰留された経緯がある。

 この日、マツダスタジアムでの全体練習後に開かれた記者会見で、石井コーチは「家族が揃ってゆっくりできる期間が、今を逃したらなくなってしまう」と退団の理由を語った。

 2人は広島を37年ぶりとなるセ・リーグ連覇に導いた立役者だ。16年から打撃コーチに就任した石井コーチは、選手にみっちりとバットを振り込ませて技術の土台をつくる一方、「数字に表れない点の取り方」を徹底。「打率は良くて3割。残りの7割でどうやって点を取るか」という意識を選手に植え付け、とっさの状況判断や駆け引きを体に叩き込んだ。広島が2位巨人に17・5ゲームの大差をつけて25年ぶりとなる優勝を果たした昨季、石井コーチに話を聞いた評論家の橋本清氏はこう振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る