• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球団内に入札容認論 巨人“清宮1位指名”が菅野に飛び火

 巨人が「清宮1位」の方針を固めたようだ。

 早実の清宮幸太郎(3年)がプロ入りを表明したさる22日、鹿取義隆GMは「どの球団も上位、1位が多いでしょうね」とコメント。明言こそ避けたものの、球団内では「競合した場合のくじ引き役は監督に務めてもらう」とのコンセンサスができているという。

「巨人は今秋ドラフトの1位候補として、社会人ナンバーワン左腕の田嶋(大樹=JR東日本)、今夏の甲子園で大会新記録となる6本塁打をマークした超高校級捕手の中村(奨成=広陵)も検討していた。清宮に『特A』の評価をする一方、この2人を含めて10人程度の上位候補をリストアップしていたのは、清宮に大学進学の可能性があったからだけではない。メジャー志向の強い清宮を指名する場合、早期の米球界挑戦を可能にするポスティングの問題が浮上する懸念があったからです」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る