• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

G野手で唯一U24代表入り 捕手・宇佐見に一塁コンバート案

 11月16日に開幕するアジアプロ野球チャンピオンシップの代表メンバーに、巨人からは田口麗斗投手(22)と宇佐見真吾捕手(24)が選ばれた。

 巨人では唯一の野手となった宇佐見は「正直びっくりしていますが、日の丸を背負って戦えることをうれしく思います」と球団を通じてコメントした。

 今季は右手の骨折で出遅れたものの、8月に一軍昇格すると、21試合で打率.350、4本塁打、8打点。貧打に泣いたチームにあって「打てる捕手」として期待される若手有望株である。

■一塁と捕手の両にらみ

 現在、宮崎で行われているフェニックス・リーグに参戦中。来季は小林と正捕手の座を争うことになるが、高橋由伸監督には別の構想があるという。

 さるチーム関係者がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る