• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAラミ監督が描く“CS下克上”は「1番・桑原」が鍵握る

 14日に開幕する2位阪神、3位DeNAによるCSファーストステージ(甲子園)。下克上を狙うDeNAのラミレス監督によれば、「キーマンは1番・桑原(将志)」だという。

「まず点を取ることが大事。阪神の投手陣(チーム防御率はリーグトップの3・29)を考えると、点を取らないことにはどんどん追い込まれる形になってしまう。シーズン中にも同じことを言ったことがあるけど、足が使える桑原がいかに塁に出ることができるか。これが重要だ」

 桑原は今季、全143試合に1番打者として出場を果たし、打率・269、13本塁打、52打点、10盗塁。チームトップの87得点という数字にも表れているように、桑原を起点とした攻撃ができるか否かで、勝敗が左右される。

 小川打撃コーチもこう言う。

「足がある桑原が無死一塁の状況をつくれれば、盗塁はもちろん、2番打者はバント、エンドランなど攻撃のバリエーションが広がる。相手バッテリーも、足を警戒することで(外角の)ストレートなどが多くなる可能性も出てくる。中軸は狙い球を絞りやすくなると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る