DeNAラミ監督が描く“CS下克上”は「1番・桑原」が鍵握る

公開日:

 14日に開幕する2位阪神、3位DeNAによるCSファーストステージ(甲子園)。下克上を狙うDeNAのラミレス監督によれば、「キーマンは1番・桑原(将志)」だという。

「まず点を取ることが大事。阪神の投手陣(チーム防御率はリーグトップの3・29)を考えると、点を取らないことにはどんどん追い込まれる形になってしまう。シーズン中にも同じことを言ったことがあるけど、足が使える桑原がいかに塁に出ることができるか。これが重要だ」

 桑原は今季、全143試合に1番打者として出場を果たし、打率・269、13本塁打、52打点、10盗塁。チームトップの87得点という数字にも表れているように、桑原を起点とした攻撃ができるか否かで、勝敗が左右される。

 小川打撃コーチもこう言う。

「足がある桑原が無死一塁の状況をつくれれば、盗塁はもちろん、2番打者はバント、エンドランなど攻撃のバリエーションが広がる。相手バッテリーも、足を警戒することで(外角の)ストレートなどが多くなる可能性も出てくる。中軸は狙い球を絞りやすくなると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る