DeNAラミ監督が描く“CS下克上”は「1番・桑原」が鍵握る

公開日: 更新日:

 14日に開幕する2位阪神、3位DeNAによるCSファーストステージ(甲子園)。下克上を狙うDeNAのラミレス監督によれば、「キーマンは1番・桑原(将志)」だという。

「まず点を取ることが大事。阪神の投手陣(チーム防御率はリーグトップの3・29)を考えると、点を取らないことにはどんどん追い込まれる形になってしまう。シーズン中にも同じことを言ったことがあるけど、足が使える桑原がいかに塁に出ることができるか。これが重要だ」

 桑原は今季、全143試合に1番打者として出場を果たし、打率・269、13本塁打、52打点、10盗塁。チームトップの87得点という数字にも表れているように、桑原を起点とした攻撃ができるか否かで、勝敗が左右される。

 小川打撃コーチもこう言う。

「足がある桑原が無死一塁の状況をつくれれば、盗塁はもちろん、2番打者はバント、エンドランなど攻撃のバリエーションが広がる。相手バッテリーも、足を警戒することで(外角の)ストレートなどが多くなる可能性も出てくる。中軸は狙い球を絞りやすくなると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る