清宮&ゲレーロは競争率高く…阪神に“FA中田獲り”再浮上

公開日:

 10日に今季最終戦を終えた阪神は今オフ、「4番・一塁」が補強ポイントになる。期待された新助っ人のキャンベル、ロジャースは揃って失敗に終わった。

 間近に迫ったドラフトでは、一塁手の早実・清宮幸太郎の1位指名が決定。助っ人も並行して調査しており、目玉になるのが今季35本塁打でセの本塁打キングになった中日のゲレーロ(30)だという。

「しかし、どっちもあくまで取れたらの話です」と、さる在京球団の編成担当がこう言う。

「清宮を欲しいとはいっても、あくまでクジ引き。最低でも5~6球団が競合するといわれるから、取り逃がす確率の方が高い。ゲレーロにしても、すでにソフトバンクが3年15億とも18億ともいわれる破格の条件を用意しているとの話も聞く。阪神がいくら資金力豊富といっても、ソフトバンクにはかなわないとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る