羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山英樹は大会連覇からメジャーへ勢いづくことができるか

公開日: 更新日:

 トッププロは息つく暇もなく世界中を飛び回って活躍しています。

 昨季(2016―17年)の全米プロでメジャー初優勝、年間王者に立ったジャスティン・トーマスが韓国開催の今季米ツアー3戦目「CJカップ」でプレーオフの末に優勝。欧州ツアーではマスターズ覇…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  10. 10

    山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

もっと見る