CS4連敗で投壊露呈…広島はドラフトで「左腕狩り」狙いも

公開日:

 大事なピースが欠けていた。

 CSでDeNAに下克上を許して敗退した広島。「逆転の広島」が2試合連続の逆転負けを喫した。敗因のひとつは短期決戦での継投策。24日の最終戦では、早い段階で先発陣までリリーフにつぎ込んだDeNAとは対照的に、広島は平常運転に徹したが、結果的に後手に回って大量失点につながった。

 そこで改めて露呈したのが深刻な左腕不足だ。今季支配下登録されていた左投手は11人いるが、CSで登板した中継ぎはゼロ。先発ローテを守るのも助っ人のジョンソン以外はすべて右で、シーズン中も緊迫した場面や大一番で起用された投手はほとんどいなかった。

 期待された戸田隆矢(24)は7月に先発に抜擢されるも5回7失点と炎上し、中継ぎに回されても結果を残せなかった。床田寛樹(22)は3試合に先発したが、開幕1カ月で左ヒジを故障して7月に手術。早々に離脱した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る