CS4連敗で投壊露呈…広島はドラフトで「左腕狩り」狙いも

公開日: 更新日:

 大事なピースが欠けていた。

 CSでDeNAに下克上を許して敗退した広島。「逆転の広島」が2試合連続の逆転負けを喫した。敗因のひとつは短期決戦での継投策。24日の最終戦では、早い段階で先発陣までリリーフにつぎ込んだDeNAとは対照的に、広島は平常運転に徹したが、結果的に後手に回って大量失点につながった。

 そこで改めて露呈したのが深刻な左腕不足だ。今季支配下登録されていた左投手は11人いるが、CSで登板した中継ぎはゼロ。先発ローテを守るのも助っ人のジョンソン以外はすべて右で、シーズン中も緊迫した場面や大一番で起用された投手はほとんどいなかった。

 期待された戸田隆矢(24)は7月に先発に抜擢されるも5回7失点と炎上し、中継ぎに回されても結果を残せなかった。床田寛樹(22)は3試合に先発したが、開幕1カ月で左ヒジを故障して7月に手術。早々に離脱した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る