CS4連敗で投壊露呈…広島はドラフトで「左腕狩り」狙いも

公開日:

 大事なピースが欠けていた。

 CSでDeNAに下克上を許して敗退した広島。「逆転の広島」が2試合連続の逆転負けを喫した。敗因のひとつは短期決戦での継投策。24日の最終戦では、早い段階で先発陣までリリーフにつぎ込んだDeNAとは対照的に、広島は平常運転に徹したが、結果的に後手に回って大量失点につながった。

 そこで改めて露呈したのが深刻な左腕不足だ。今季支配下登録されていた左投手は11人いるが、CSで登板した中継ぎはゼロ。先発ローテを守るのも助っ人のジョンソン以外はすべて右で、シーズン中も緊迫した場面や大一番で起用された投手はほとんどいなかった。

 期待された戸田隆矢(24)は7月に先発に抜擢されるも5回7失点と炎上し、中継ぎに回されても結果を残せなかった。床田寛樹(22)は3試合に先発したが、開幕1カ月で左ヒジを故障して7月に手術。早々に離脱した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る