清宮熱望「育てる球団」なぜ 広島とハム“面談パス”の裏側

公開日:

 すでにプロ志望届を提出した早実の清宮幸太郎内野手(3年)は、「自分を本当に厳しく指導していただいて、成長させていただける球団に行きたい」と話している。

 2日、都内で行われた本人及び、清宮の父親でラグビーのヤマハ発動機で監督を務める克幸氏との面談にはプロ10球団が駆け付け、看板選手の育成データや練習施設などを説明。本人が重視する育成面の充実を盛んに訴えたものの、プロ球団で「育成」に最も実績も定評もある2球団がなぜか面談をパスした。昨年の日本シリーズを戦った広島と日本ハムだ。

 広島は丸、菊池、鈴木といった生え抜きを中心にセ・リーグ2連覇。日本ハムも「ドラフトと育成」を球団の基本方針に掲げ、昨年までの11年間でリーグ優勝5回。そのうち2回は日本一になっている。

 広島は松田元オーナーが2日、清宮と面談しないことを明かした上で、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る