清宮熱望「育てる球団」なぜ 広島とハム“面談パス”の裏側

公開日: 更新日:

 すでにプロ志望届を提出した早実の清宮幸太郎内野手(3年)は、「自分を本当に厳しく指導していただいて、成長させていただける球団に行きたい」と話している。

 2日、都内で行われた本人及び、清宮の父親でラグビーのヤマハ発動機で監督を務める克幸氏との面談にはプロ10球団が駆け付け、看板選手の育成データや練習施設などを説明。本人が重視する育成面の充実を盛んに訴えたものの、プロ球団で「育成」に最も実績も定評もある2球団がなぜか面談をパスした。昨年の日本シリーズを戦った広島日本ハムだ。

 広島は丸、菊池、鈴木といった生え抜きを中心にセ・リーグ2連覇。日本ハムも「ドラフトと育成」を球団の基本方針に掲げ、昨年までの11年間でリーグ優勝5回。そのうち2回は日本一になっている。

 広島は松田元オーナーが2日、清宮と面談しないことを明かした上で、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る