清宮熱望「育てる球団」なぜ 広島とハム“面談パス”の裏側

公開日: 更新日:

 すでにプロ志望届を提出した早実の清宮幸太郎内野手(3年)は、「自分を本当に厳しく指導していただいて、成長させていただける球団に行きたい」と話している。

 2日、都内で行われた本人及び、清宮の父親でラグビーのヤマハ発動機で監督を務める克幸氏との面談にはプロ10球団が駆け付け、看板選手の育成データや練習施設などを説明。本人が重視する育成面の充実を盛んに訴えたものの、プロ球団で「育成」に最も実績も定評もある2球団がなぜか面談をパスした。昨年の日本シリーズを戦った広島日本ハムだ。

 広島は丸、菊池、鈴木といった生え抜きを中心にセ・リーグ2連覇。日本ハムも「ドラフトと育成」を球団の基本方針に掲げ、昨年までの11年間でリーグ優勝5回。そのうち2回は日本一になっている。

 広島は松田元オーナーが2日、清宮と面談しないことを明かした上で、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

もっと見る