CS初戦でベイを完封 広島・薮田和樹を開眼させた母の献身

公開日:

 雨をものともせず“最終回”まで投げ切った。

 18日、セのCSファイナルステージ第1戦(マツダ)は試合中盤から雨脚が強くなり、五回終了後、30分以上の中断を経て降雨コールドで広島がDeNAに勝利。先発した薮田和樹(25)は5回を2安打無失点で勝ち投手になった。

 今季は中継ぎスタートだったが、野村が腰痛で離脱した交流戦から先発に転向。15勝3敗、防御率2.58で、最高勝率(.833)のタイトルを獲得した。規定投球回には到達していないものの、今季のMVP候補である。

「重圧のかかるところでしっかりと自分の投球をしてくれた」

 試合後にこう言って絶賛した緒方監督は、9月29日にCS初戦の先発を通達したように、薮田に大きな信頼を寄せている。広島OBの山内泰幸氏によると、緒方監督は「一度失敗しても、次に同じ失敗を繰り返さないように、しっかり反省できている」と話していたという。薮田は足元が滑る雨中の登板が苦手だが、この日は「足が地面に着いてから投げること」を意識し、弱点を克服。山内氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る