セ「DH制」導入へ前のめり…実現なら広島さらに独り勝ち

公開日:

 セ・リーグの野球が大きく変わるだろう。

 セは今、指名打者(DH)制導入に向けて動きだしている。20日付のサンケイスポーツは、去る16日に行われたセの理事会で、DH制導入を本格的に検討することが決まったと報じた。

 指名打者は、パが人気低迷を打開するなどの目的で1975年に導入しているが、セではこれまで、投手が打席に立つというスタイルを崩すことに否定的な意見が多く、導入を見送ってきた。

 ただ、指名打者制は投手、野手ともに育成しやすい利点があり、リーグ全体のレベルアップにつながるため、これが結果的に近年の「パ高セ低」の要因になっているという声は多い。

「導入に積極的なのは巨人で、セ球団の大半が賛成している。時間的に来年18年用のアグリーメント作成までには間に合わないため、早ければ19年からスタートする可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る