自慢の打線湿る広島の起爆剤は“激安410万円”の元練習生

公開日:

 セ・リーグのCSファイナルステージ第4戦は昨22日、午前9時に雨天中止が決まった。

 対戦成績は広島のリーグ優勝のアドバンテージ1勝を含む2勝2敗のまま、2日連続の水入りだ。広島のCSでの得点は3試合でわずか5。自慢の打線が湿っている。石井打撃コーチは「雨天中止だけに『打てん』中止だね。この天気がいい『転機』になってくれれば」とギャグを飛ばしたが、その起爆剤として期待されるのが、右手首痛のエルドレッドに代わり、安部とともに合流したアレハンドロ・メヒア(24)である。

 ドミニカ共和国のカープアカデミー出身。192センチ、102キロの右打ちのスラッガーは、バティスタとともに練習生として来日し、今季が3年目になる。昨春に育成選手として契約。二軍で経験を積み、今年7月20日に年俸410万円プラス出来高の6年契約で育成から支配下契約を勝ち取った苦労人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る