広陵・中村捕手1位指名も 広島は「投手が欲しい」が本音

公開日:  更新日:

 背信投球だった。19日のDeNAとのセ・リーグCSファイナルステージ第2戦。広島先発の野村祐輔(28)は5回8安打4失点で降板した。

 三、五回ともに満塁で痛打を浴び、緒方監督は「守りから攻撃のリズムができなかった」と嘆くしかなかった。

 昨季は16勝(3敗)で最多勝を獲得したが、今季は9勝(5敗)。リーグ連覇を果たしても、チーム防御率3・39はセ3位で先発投手陣の不調に悩まされた。

 そんな台所事情から、来週26日に控えるドラフト会議では即戦力投手を指名するかと思われたが、松田オーナーがさる14日、広陵高の中村奨成捕手(3年)を1位指名することを公表した。

 今季の一軍捕手は主に38歳の石原、29歳の会沢の併用だった。次世代の捕手が欲しいのは確かだが、二軍に有望株が控える。巨人とのファーム選手権で逆転弾を放ち、MVPを獲得した高卒ルーキーの坂倉将吾(19=日大三高)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る