広陵・中村捕手1位指名も 広島は「投手が欲しい」が本音

公開日:  更新日:

 背信投球だった。19日のDeNAとのセ・リーグCSファイナルステージ第2戦。広島先発の野村祐輔(28)は5回8安打4失点で降板した。

 三、五回ともに満塁で痛打を浴び、緒方監督は「守りから攻撃のリズムができなかった」と嘆くしかなかった。

 昨季は16勝(3敗)で最多勝を獲得したが、今季は9勝(5敗)。リーグ連覇を果たしても、チーム防御率3・39はセ3位で先発投手陣の不調に悩まされた。

 そんな台所事情から、来週26日に控えるドラフト会議では即戦力投手を指名するかと思われたが、松田オーナーがさる14日、広陵高の中村奨成捕手(3年)を1位指名することを公表した。

 今季の一軍捕手は主に38歳の石原、29歳の会沢の併用だった。次世代の捕手が欲しいのは確かだが、二軍に有望株が控える。巨人とのファーム選手権で逆転弾を放ち、MVPを獲得した高卒ルーキーの坂倉将吾(19=日大三高)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る