広陵・中村捕手1位指名も 広島は「投手が欲しい」が本音

公開日: 更新日:

 背信投球だった。19日のDeNAとのセ・リーグCSファイナルステージ第2戦。広島先発の野村祐輔(28)は5回8安打4失点で降板した。

 三、五回ともに満塁で痛打を浴び、緒方監督は「守りから攻撃のリズムができなかった」と嘆くしかなかった。

 昨季は16勝(3敗)で最多勝を獲得したが、今季は9勝(5敗)。リーグ連覇を果たしても、チーム防御率3・39はセ3位で先発投手陣の不調に悩まされた。

 そんな台所事情から、来週26日に控えるドラフト会議では即戦力投手を指名するかと思われたが、松田オーナーがさる14日、広陵高の中村奨成捕手(3年)を1位指名することを公表した。

 今季の一軍捕手は主に38歳の石原、29歳の会沢の併用だった。次世代の捕手が欲しいのは確かだが、二軍に有望株が控える。巨人とのファーム選手権で逆転弾を放ち、MVPを獲得した高卒ルーキーの坂倉将吾(19=日大三高)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る