育成できぬ阪神 金本監督の清宮外しは両者にとって大正解

公開日: 更新日:

「最初は清宮、安田といきましたけど、現場としては即戦力ということで。うちは先発の枚数が足りないんでね。いろいろチーム状況を考慮しての指名でした」

 外れの外れ1位でMAX155キロ右腕、馬場皐輔投手(22=仙台大)の交渉権を獲得した金本監督はこう言ったが、清宮が取れなかったことは「両者」にとって良かったのではないか。

 今季2位の金本監督は、3年目の来季こそ優勝したい。課題の攻撃力アップのために、韓国ハンファのウィリン・ロザリオ(28=右投げ右打ち)を狙っていた。この助っ人は今季、119試合に出場し、打率.339、37本塁打、111打点。昨季も127試合、同.321、33本塁打、120打点の好成績を残している。タテジマのユニホームを着ればポジションは一塁だが、「清宮が入団した場合、おそらく獲得を断念することになっただろう」と、あるOBがこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る