金本監督の「誤算は助っ人」発言に阪神フロント戦々恐々

公開日:  更新日:

 CSファーストステージで3位DeNAに敗れた阪神の金本監督が18日、オーナー報告を終えて記者会見に臨んだ。

 今季の「誤算」として不調に終わった藤浪、岩貞の両先発の名前を挙げた上で、「言っていいか分からないですけど」と前置きし、「外国人のバッターですかね。ほぼ日本人選手で戦ってきましたから。もう少し打ってくれる選手がいたらというのが誤算と言えば誤算」と言った。

 金本監督は4番候補の長距離砲を要望したものの、やってきたキャンベル、ロジャースは中距離タイプ。キャンベルは打率・191、1本塁打、ロジャースは打率・252、5本塁打と、本塁打どころか打率さえパッとしなかった。

「今季の4番は福留が最多の93試合、次いでロジャースが27試合。本塁打数は広島と39本差の113本に終わるなど、打線が決め手を欠いた。CSでは中谷がベンチスタートとなり、ドラ1新人の大山を5番に置いた。筒香、ロペスが控えるDeNAに比べても中軸はもろさが目立った。3番に糸井、5番に福留を置いて、助っ人を4番に固定できていれば打線の厚みは全然違った」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る