阪神・藤浪は心配? かつて“女房”だった西武・森に聞いた

公開日: 更新日:

 かつての女房役はどう見ているのか。

 阪神藤浪晋太郎(23)が死球癖に苦しんでいる。歯車が狂ったきっかけは、4月のヤクルト戦で畠山にぶつけた頭部付近の危険球。それからというもの、投げるたびに死球を与え、今季は59イニングで8個という脅威のペースだ。

 12日の巨人戦では四回途中まで1失点に抑えるも、坂本勇への死球で動揺したのか、一挙3失点でKO。試合後は香田投手コーチに「同じことの繰り返し」と吐き捨てられ、今季4回目の二軍落ちを経験した。

 大阪桐蔭時代は春夏連続で甲子園を制し、高卒1年目の13年から3年連続2ケタ勝利。その面影は、すでにない。そんな「元エース」をどう見ているのか、大阪桐蔭時代にバッテリーを組んでいた1学年下の西武森友哉(22)に聞いた。

――現在の藤浪投手について、どう思いますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る