19年ぶり日本Sへ導く DeNAラミレス監督の“通訳マジック”

公開日:

 19年ぶりの快挙だ。

 24日、CSファイナルステージ第5戦でDeNAが広島を下し、1998年以来となる日本シリーズ進出を決めた。レギュラーシーズンで優勝球団に10ゲーム以上離されたチームが日本シリーズに出場するのは初めて(広島と3位DeNAは14.5ゲーム差)。まさに「下克上」を果たした。

 試合後、ラミレス監督が「僕はただ決断しただけ。やってくれたのは選手」と言ったように、選手への信頼と期待をハッキリと口にする指揮官だ。選手ファーストを貫き、主将の筒香嘉智(25)をはじめ、采配の意図も丁寧に説明する。そのためのコミュニケーションツールのひとつが英語だ。

「ラミレス監督って日本語分かるよね?」

 監督に就任した昨季、そんな言葉が飛び交った。2001年にヤクルト入団。巨人、DeNAと渡り歩き、14年にはBCリーグの選手兼打撃コーチに就任。そして昨季、球団初の外国人監督になった。実に、来日17年目という大ベテラン。報道陣の話す日本語を理解し、「センパツ(先発)」など日本語まじりで話すこともある。通訳が英語に訳す前に答えて笑いが起こることも。それでも選手やコーチと話す際は必ず通訳をつける。なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る