19年ぶり日本Sへ導く DeNAラミレス監督の“通訳マジック”

公開日: 更新日:

 19年ぶりの快挙だ。

 24日、CSファイナルステージ第5戦でDeNAが広島を下し、1998年以来となる日本シリーズ進出を決めた。レギュラーシーズンで優勝球団に10ゲーム以上離されたチームが日本シリーズに出場するのは初めて(広島と3位DeNAは14.5ゲーム差)。まさに「下克上」を果たした。

 試合後、ラミレス監督が「僕はただ決断しただけ。やってくれたのは選手」と言ったように、選手への信頼と期待をハッキリと口にする指揮官だ。選手ファーストを貫き、主将の筒香嘉智(25)をはじめ、采配の意図も丁寧に説明する。そのためのコミュニケーションツールのひとつが英語だ。

「ラミレス監督って日本語分かるよね?」

 監督に就任した昨季、そんな言葉が飛び交った。2001年にヤクルト入団。巨人、DeNAと渡り歩き、14年にはBCリーグの選手兼打撃コーチに就任。そして昨季、球団初の外国人監督になった。実に、来日17年目という大ベテラン。報道陣の話す日本語を理解し、「センパツ(先発)」など日本語まじりで話すこともある。通訳が英語に訳す前に答えて笑いが起こることも。それでも選手やコーチと話す際は必ず通訳をつける。なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る