Jアラートで試合中断…トランプが日本シリーズに水を差す

公開日: 更新日:

 そもそも、マトモに試合ができるのか。

 28日から開催される日本シリーズ。27日の監督会議では、予告先発を導入したいソフトバンクの工藤監督に対し、DeNAのラミレス監督はこれを拒否。ちょっとした「前哨戦」が行われるも、工藤監督の希望は通らず、予告先発は採用されなかった。

 そんな中、プロ野球の興行とは思えない、物騒な決定事項が1つあった。それが全国瞬時警報システム、通称「Jアラート」だ。すでに今年に入って2度、北朝鮮がミサイルを放った8月と9月に発動されたこのJアラートが試合中に鳴った場合、その時点で試合を中断。政府が安全を確認するまで試合を再開しないことが、この日の監督会議で説明されたのだ。

 万が一の事態に備えてのことだとはいえ、その万が一が頻発する可能性が今の日本にはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る