ソフトB守備支える今宮 グラブに年間200万円のこだわり

公開日:

 ソフトバンクの3連勝で始まった日本シリーズ。そのまま「4タテ」で終わるかと思われたが、ディフェンス面のほころびが流れを変えた。

 初黒星を喫した第4戦では、五十嵐、摂津のリリーフ陣が2回で4失点。第5戦では、モイネロが筒香と宮崎に連打を浴び、二塁手・明石のエラーが決勝点になった。

 12球団最少のチーム失策数38を誇り、投手を含めたディフェンス力に定評のあるソフトバンクの「らしくない」流れ。これを断ち切るのもまた、守備か。キーマンとなりそうなのが今宮健太(26)だ。4戦目には三塁方向の邪飛をエキサイティングシートに飛び込みながらスーパーキャッチ。軽いムチ打ちをおして翌日もフル出場した。

■サンプルは他選手の4倍以上

 ファインプレーを支えるグラブには人一倍のこだわりがある。スラッガー、ミズノを経て昨季からアンダーアーマー社と契約。手のひらが小さい今宮は、捕球の範囲を広くするため、極端に浅くはめることにこだわる。しかし、浅すぎると「マド」(甲側の指が見える部分)から指が出てしまうためマドを狭くし、「指マタ」(中指と薬指の仕切り)を長くしてグラブが外れないよう独自の工夫をしている。さらに、和牛の革を使うことで柔らかさとホールド感をキープ。グラブの先端まで力が伝わるように改良した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る