ソフトB守備支える今宮 グラブに年間200万円のこだわり

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの3連勝で始まった日本シリーズ。そのまま「4タテ」で終わるかと思われたが、ディフェンス面のほころびが流れを変えた。

 初黒星を喫した第4戦では、五十嵐、摂津のリリーフ陣が2回で4失点。第5戦では、モイネロが筒香と宮崎に連打を浴び、二塁手・明石のエラーが決勝点になった。

 12球団最少のチーム失策数38を誇り、投手を含めたディフェンス力に定評のあるソフトバンクの「らしくない」流れ。これを断ち切るのもまた、守備か。キーマンとなりそうなのが今宮健太(26)だ。4戦目には三塁方向の邪飛をエキサイティングシートに飛び込みながらスーパーキャッチ。軽いムチ打ちをおして翌日もフル出場した。

■サンプルは他選手の4倍以上

 ファインプレーを支えるグラブには人一倍のこだわりがある。スラッガー、ミズノを経て昨季からアンダーアーマー社と契約。手のひらが小さい今宮は、捕球の範囲を広くするため、極端に浅くはめることにこだわる。しかし、浅すぎると「マド」(甲側の指が見える部分)から指が出てしまうためマドを狭くし、「指マタ」(中指と薬指の仕切り)を長くしてグラブが外れないよう独自の工夫をしている。さらに、和牛の革を使うことで柔らかさとホールド感をキープ。グラブの先端まで力が伝わるように改良した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

もっと見る