ベイ筒香が日本Sやっと快音も メジャーへ夢ひとまず封印

公開日:

 主砲の意地を見せた。

 2日のシリーズ第5戦、DeNAの筒香(25)が2ラン本塁打を含む2安打3打点の活躍でシリーズ2勝目を手繰り寄せた。

 その筒香は今季、打率.284、28本塁打、94打点。昨季が打率.322、44本塁打、110打点と打ちまくったことを思えば、物足りない成績だった。ある横浜OBは、「シーズン中に股関節や首を痛めたり、内角を意識しすぎてか、かかと体重になって外の球に踏み込めず、持ち味である逆方向への強い打球が減った。試合前練習を早めに切り上げ、治療に時間を充てていたこともあったと聞いている」と言う。

 今シリーズも4戦目まで本塁打ゼロ、打率.250と低調だったが、ここにきて4番の働きを見せ、「本塁打はそんなに意識していない。点が入って良かったし、チームが勝つのが一番」と、控えめに喜んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る