ベイ筒香が日本Sやっと快音も メジャーへ夢ひとまず封印

公開日: 更新日:

 主砲の意地を見せた。

 2日のシリーズ第5戦、DeNAの筒香(25)が2ラン本塁打を含む2安打3打点の活躍でシリーズ2勝目を手繰り寄せた。

 その筒香は今季、打率.284、28本塁打、94打点。昨季が打率.322、44本塁打、110打点と打ちまくったことを思えば、物足りない成績だった。ある横浜OBは、「シーズン中に股関節や首を痛めたり、内角を意識しすぎてか、かかと体重になって外の球に踏み込めず、持ち味である逆方向への強い打球が減った。試合前練習を早めに切り上げ、治療に時間を充てていたこともあったと聞いている」と言う。

 今シリーズも4戦目まで本塁打ゼロ、打率.250と低調だったが、ここにきて4番の働きを見せ、「本塁打はそんなに意識していない。点が入って良かったし、チームが勝つのが一番」と、控えめに喜んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  8. 8

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  9. 9

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  10. 10

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

もっと見る