DeNAは4連敗免れたが…実力差歴然でセ「DH制導入」加速か

公開日:  更新日:

 それは印象的なコメントだった。

 3連敗を喫した31日の試合後、南場智子オーナーは、「地力が違う。スキがない」と漏らした。1―10と一方的に叩きのめされた初戦に比べれば、2戦目以降は3―4、2―3と僅差の1点差ゲーム。接戦ではあるが、野球に関してはプロではないオーナーですら、スコア以上の力の差を痛感せざるを得なかったわけだ。

 迎えた第4戦は、先発浜口の好投もあって6―0の完勝。ファンも多少は留飲を下げただろうが、DeNAが崖っぷちである現実に変わりはない。

 評論家の橋本清氏がこう語る。

「完成されたチームと発展途上のチーム。その差が随所に見られる。打線の破壊力というくくりで言えば、両者にそれほど大きな開きはない。ですが、投手の立場からすれば、ソフトバンク打線には怖さに加えていやらしさがある。送るべきところでしっかりと犠打を決める。3戦目の六回無死一、二塁の場面では、今シリーズで当たりが止まっている6番の松田がツーナッシングから2―2の平行カウントに持っていき、最後は進塁打(一ゴロ)を打って好機を拡大した。追い込まれてからの松田は、こぶし1つ分バットを短く持って、走者を進めるという最低限の仕事をした。点にこそつながりませんでしたが、こういう攻撃は相手投手とベンチにプレッシャーを与えるものです。地力の差でしょう。投手を含めたディフェンス力に関してもソフトバンクが上。セのペナントレースを圧倒的な力で制した広島が相手だったらどうなっていたか……という興味はありますが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る