DeNAは4連敗免れたが…実力差歴然でセ「DH制導入」加速か

公開日:  更新日:

 それは印象的なコメントだった。

 3連敗を喫した31日の試合後、南場智子オーナーは、「地力が違う。スキがない」と漏らした。1―10と一方的に叩きのめされた初戦に比べれば、2戦目以降は3―4、2―3と僅差の1点差ゲーム。接戦ではあるが、野球に関してはプロではないオーナーですら、スコア以上の力の差を痛感せざるを得なかったわけだ。

 迎えた第4戦は、先発浜口の好投もあって6―0の完勝。ファンも多少は留飲を下げただろうが、DeNAが崖っぷちである現実に変わりはない。

 評論家の橋本清氏がこう語る。

「完成されたチームと発展途上のチーム。その差が随所に見られる。打線の破壊力というくくりで言えば、両者にそれほど大きな開きはない。ですが、投手の立場からすれば、ソフトバンク打線には怖さに加えていやらしさがある。送るべきところでしっかりと犠打を決める。3戦目の六回無死一、二塁の場面では、今シリーズで当たりが止まっている6番の松田がツーナッシングから2―2の平行カウントに持っていき、最後は進塁打(一ゴロ)を打って好機を拡大した。追い込まれてからの松田は、こぶし1つ分バットを短く持って、走者を進めるという最低限の仕事をした。点にこそつながりませんでしたが、こういう攻撃は相手投手とベンチにプレッシャーを与えるものです。地力の差でしょう。投手を含めたディフェンス力に関してもソフトバンクが上。セのペナントレースを圧倒的な力で制した広島が相手だったらどうなっていたか……という興味はありますが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る