日本S白熱の裏で補強準備 ソフトBが西武・野上を狙う理由

公開日: 更新日:

 決戦の地は福岡に移ることになった。

 勝てばソフトバンクの2年ぶり日本一という2日の日本シリーズ第5戦。しかし、先発のバンデンハークが5回3分の1を4失点と誤算。後続のモイネロも打たれ、4―5で競り負けた。

「いいゲームだったけど、負けたので切り替えて頑張ります。本拠地ではウチらしいゲームができるようにしたい」とは工藤監督だが、白熱する現場の一方、すでにソフトバンクは補強の準備を進めている。それがFA宣言が濃厚といわれている、今季11勝10敗の成績を残した西武の野上(30)取りだ。

■工藤監督の“悪癖”を封印

 球団内には今季最多勝(16勝)の東浜を筆頭に、最高勝率(.765)で13勝の千賀ら、駒数は揃っている。

「今季はWBCの影響か、武田が離脱と復帰を繰り返し、和田は4月に左ヒジを故障し、復帰したのは8月です。東浜、千賀、武田、和田、バンデンハークの先発5枚が全員揃ったのは、結局8月下旬でしたからね。そうした先発陣の不調が、中継ぎ酷使につながった」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  5. 5

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る