日本S白熱の裏で補強準備 ソフトBが西武・野上を狙う理由

公開日:

 決戦の地は福岡に移ることになった。

 勝てばソフトバンクの2年ぶり日本一という2日の日本シリーズ第5戦。しかし、先発のバンデンハークが5回3分の1を4失点と誤算。後続のモイネロも打たれ、4―5で競り負けた。

「いいゲームだったけど、負けたので切り替えて頑張ります。本拠地ではウチらしいゲームができるようにしたい」とは工藤監督だが、白熱する現場の一方、すでにソフトバンクは補強の準備を進めている。それがFA宣言が濃厚といわれている、今季11勝10敗の成績を残した西武の野上(30)取りだ。

■工藤監督の“悪癖”を封印

 球団内には今季最多勝(16勝)の東浜を筆頭に、最高勝率(.765)で13勝の千賀ら、駒数は揃っている。

「今季はWBCの影響か、武田が離脱と復帰を繰り返し、和田は4月に左ヒジを故障し、復帰したのは8月です。東浜、千賀、武田、和田、バンデンハークの先発5枚が全員揃ったのは、結局8月下旬でしたからね。そうした先発陣の不調が、中継ぎ酷使につながった」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る