日本S白熱の裏で補強準備 ソフトBが西武・野上を狙う理由

公開日: 更新日:

 決戦の地は福岡に移ることになった。

 勝てばソフトバンクの2年ぶり日本一という2日の日本シリーズ第5戦。しかし、先発のバンデンハークが5回3分の1を4失点と誤算。後続のモイネロも打たれ、4―5で競り負けた。

「いいゲームだったけど、負けたので切り替えて頑張ります。本拠地ではウチらしいゲームができるようにしたい」とは工藤監督だが、白熱する現場の一方、すでにソフトバンクは補強の準備を進めている。それがFA宣言が濃厚といわれている、今季11勝10敗の成績を残した西武の野上(30)取りだ。

■工藤監督の“悪癖”を封印

 球団内には今季最多勝(16勝)の東浜を筆頭に、最高勝率(.765)で13勝の千賀ら、駒数は揃っている。

「今季はWBCの影響か、武田が離脱と復帰を繰り返し、和田は4月に左ヒジを故障し、復帰したのは8月です。東浜、千賀、武田、和田、バンデンハークの先発5枚が全員揃ったのは、結局8月下旬でしたからね。そうした先発陣の不調が、中継ぎ酷使につながった」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る