4連敗阻止に貢献 DeNA左腕・浜口の「NO」と言える頑固力

公開日:

「チェンジアップとフォークが邪魔やった。球速が2つとも同じ。とくにチェンジは角度があり、思ったより良かった」

 ソフトバンクの藤本打撃コーチも、お手上げといわんばかりだった。

 3連敗で後がないDeNAは、先発した昨年ドラフト1位の浜口遥大(22)が、八回1死までソフト打線を無安打に抑える好投で、シリーズ初勝利を飾った。

「僕は細かいコントロールよりも、腕を振ることで勝負できる」

 本人が言うように、この日は強力ソフト打線に臆することなく腕を振った。フルカウントになる場面も何度かあったが、腕を振って投げれば、球が少々甘くなったり抜けたりしても、打たれないと信じた。144キロ以上をコンスタントに計測したストレート、チェンジアップ、スライダー、カーブ、フォークボールなど全球種で腕を振った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る