• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4場所連続休場…横綱鶴竜は月給282万円の“出る出る詐欺”

 またか、である。

 去る8日、横綱鶴竜(32)が11月場所を休場することを、師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が明らかにした。井筒親方によれば、鶴竜は順調に稽古を積んできたが、ここにきて痛めていた腰と右足首の状態が悪化。「中途半端で出場させるのは無責任」(井筒親方)と、休場を決めたという。

 これにより、鶴竜は2場所連続全休が決定。今年は1、5、7月場所を途中休場しており、皆勤は10勝5敗と平凡な成績だった3月場所だけだ。途中休場を含めれば、4場所連続休場である。

 それでも給料は、まるまるフトコロに入ってくる。横綱の月給は282万円、年にすれば3384万円もの大金だ。

 井筒親方が最初に「次に出る場所で進退をかける」と話したのは、今年7月場所で途中休場したとき。9月場所直前も同じ言葉を使ったが、「次」を先送りにして給料をもらい続けているのだから「出る出る詐欺」と言われても仕方がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る