横綱日馬富士 今場所負け越しでも“引退勧告”されないワケ

公開日:

 4日連続で座布団が舞う事態は免れた。

 3連敗中だった横綱日馬富士(33)は15日に千代大龍を下し、今場所3勝目。引き技が得意な挑戦者に対し、張り差しからの速攻で攻めた。

 取組後は「よし」と安堵のため息をもらした横綱。これで3勝3敗とはいえ、本来なら横綱が序盤で3連敗した時点で途中休場待ったなしである。

 しかし、そこは責任感の強い日馬富士。一人横綱となってしまった今場所、「自分も途中休場します」とは言いにくい。横綱審議委員会の北村委員長も「横綱が全員休んだら、目も当てられない。(日馬富士は)奮起して頑張ってほしい」と、異例のエールを送っているのだから、なおさらだ。相撲協会としても、「負け越してもいいから、千秋楽まで出てくれ」というのが本音だという。

 横綱が負け越せば、どうしても引退が取り沙汰される。1場所15日制が定着した49年以降、皆勤して負け越した横綱は89年9月場所の大乃国(現芝田山親方)と99年9月場所の若乃花のみ。いずれも即引退とはならなかったが、議論を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る