横綱日馬富士 今場所負け越しでも“引退勧告”されないワケ

公開日:

 4日連続で座布団が舞う事態は免れた。

 3連敗中だった横綱日馬富士(33)は15日に千代大龍を下し、今場所3勝目。引き技が得意な挑戦者に対し、張り差しからの速攻で攻めた。

 取組後は「よし」と安堵のため息をもらした横綱。これで3勝3敗とはいえ、本来なら横綱が序盤で3連敗した時点で途中休場待ったなしである。

 しかし、そこは責任感の強い日馬富士。一人横綱となってしまった今場所、「自分も途中休場します」とは言いにくい。横綱審議委員会の北村委員長も「横綱が全員休んだら、目も当てられない。(日馬富士は)奮起して頑張ってほしい」と、異例のエールを送っているのだから、なおさらだ。相撲協会としても、「負け越してもいいから、千秋楽まで出てくれ」というのが本音だという。

 横綱が負け越せば、どうしても引退が取り沙汰される。1場所15日制が定着した49年以降、皆勤して負け越した横綱は89年9月場所の大乃国(現芝田山親方)と99年9月場所の若乃花のみ。いずれも即引退とはならなかったが、議論を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る