• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年半越し晴れ舞台も…崖っぷち鶴竜“間が悪い”結婚披露宴

 間が悪いとしか言いようがない。

 1日に結婚披露宴を行った横綱鶴竜(32)。同郷のムンフザヤ夫人(26)とは2015年2月に結婚しており、2年と半年越しの晴れ舞台に相好を崩した。

「仲良く温かく、幸せな家庭を築きたい」と話した鶴竜だが、なにせ時期が時期だ。11月場所は進退がかかっており、結果次第では土俵を去らざるを得ない。

 だからだろう、「引退する前の思い出作り。『駆け込み披露宴』じゃないか?」なんて声もチラホラと……。

 もっとも、式場の予約から招待状の案内など、披露宴は昨日今日で準備できるものではない。鶴竜にしても、まさか自分がこんなにも追い込まれた中で披露宴を行うとは思っていなかっただろう。

 何ともタイミングの悪い宴となってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る