最高齢で幕内返り咲き 安美錦“満身創痍”でも息長い理由

公開日: 更新日:

「不死鳥のごとく蘇った」と言ったら言い過ぎか。

 30日の11月新番付発表で、安美錦(39)が8場所ぶりに幕内に返り咲いた。39歳での幕内復帰は、38歳6カ月の土佐ノ海(現立川親方)を抜き、昭和以降最年長の記録だ。

 伊勢ケ浜部屋で行われた記者会見では、「会見といえば、もう引退会見しかないと思っていた」と言って、顔をほころばせたベテランだが、その体はすでにボロボロだ。両ヒザに爆弾を抱え、分厚いサポーターなしでは土俵に上がれない。昨年5月場所では左アキレス腱断裂の大ケガを負った。当時は誰もが角界きっての業師の引退を確信していたほどだ。

 ある親方が言う。

「満身創痍の安美錦がそれでも勝てるのは、卓越した相撲センスと言うほかない。相手が下がれば前に出て、相手が前に出てくれば変化でかわす。変幻自在の相撲は、かねて『ケガさえなければ大関も狙えたのに……』と言われていたからね。昨年のアキレス腱断裂で引退してもおかしくなかったが、『弟弟子の横綱・日馬富士の露払いを、もう一度やってあげたい』という気持ちがあったのかもしれない。横綱土俵入りの露払いや太刀持ちは、幕内力士にしか許されていないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る