• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最高齢で幕内返り咲き 安美錦“満身創痍”でも息長い理由

「不死鳥のごとく蘇った」と言ったら言い過ぎか。

 30日の11月新番付発表で、安美錦(39)が8場所ぶりに幕内に返り咲いた。39歳での幕内復帰は、38歳6カ月の土佐ノ海(現立川親方)を抜き、昭和以降最年長の記録だ。

 伊勢ケ浜部屋で行われた記者会見では、「会見といえば、もう引退会見しかないと思っていた」と言って、顔をほころばせたベテランだが、その体はすでにボロボロだ。両ヒザに爆弾を抱え、分厚いサポーターなしでは土俵に上がれない。昨年5月場所では左アキレス腱断裂の大ケガを負った。当時は誰もが角界きっての業師の引退を確信していたほどだ。

 ある親方が言う。

「満身創痍の安美錦がそれでも勝てるのは、卓越した相撲センスと言うほかない。相手が下がれば前に出て、相手が前に出てくれば変化でかわす。変幻自在の相撲は、かねて『ケガさえなければ大関も狙えたのに……』と言われていたからね。昨年のアキレス腱断裂で引退してもおかしくなかったが、『弟弟子の横綱・日馬富士の露払いを、もう一度やってあげたい』という気持ちがあったのかもしれない。横綱土俵入りの露払いや太刀持ちは、幕内力士にしか許されていないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る