最高齢で幕内返り咲き 安美錦“満身創痍”でも息長い理由

公開日:

「不死鳥のごとく蘇った」と言ったら言い過ぎか。

 30日の11月新番付発表で、安美錦(39)が8場所ぶりに幕内に返り咲いた。39歳での幕内復帰は、38歳6カ月の土佐ノ海(現立川親方)を抜き、昭和以降最年長の記録だ。

 伊勢ケ浜部屋で行われた記者会見では、「会見といえば、もう引退会見しかないと思っていた」と言って、顔をほころばせたベテランだが、その体はすでにボロボロだ。両ヒザに爆弾を抱え、分厚いサポーターなしでは土俵に上がれない。昨年5月場所では左アキレス腱断裂の大ケガを負った。当時は誰もが角界きっての業師の引退を確信していたほどだ。

 ある親方が言う。

「満身創痍の安美錦がそれでも勝てるのは、卓越した相撲センスと言うほかない。相手が下がれば前に出て、相手が前に出てくれば変化でかわす。変幻自在の相撲は、かねて『ケガさえなければ大関も狙えたのに……』と言われていたからね。昨年のアキレス腱断裂で引退してもおかしくなかったが、『弟弟子の横綱・日馬富士の露払いを、もう一度やってあげたい』という気持ちがあったのかもしれない。横綱土俵入りの露払いや太刀持ちは、幕内力士にしか許されていないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る