最高齢で幕内返り咲き 安美錦“満身創痍”でも息長い理由

公開日: 更新日:

「不死鳥のごとく蘇った」と言ったら言い過ぎか。

 30日の11月新番付発表で、安美錦(39)が8場所ぶりに幕内に返り咲いた。39歳での幕内復帰は、38歳6カ月の土佐ノ海(現立川親方)を抜き、昭和以降最年長の記録だ。

 伊勢ケ浜部屋で行われた記者会見では、「会見といえば、もう引退会見しかないと思っていた」と言って、顔をほころばせたベテランだが、その体はすでにボロボロだ。両ヒザに爆弾を抱え、分厚いサポーターなしでは土俵に上がれない。昨年5月場所では左アキレス腱断裂の大ケガを負った。当時は誰もが角界きっての業師の引退を確信していたほどだ。

 ある親方が言う。

「満身創痍の安美錦がそれでも勝てるのは、卓越した相撲センスと言うほかない。相手が下がれば前に出て、相手が前に出てくれば変化でかわす。変幻自在の相撲は、かねて『ケガさえなければ大関も狙えたのに……』と言われていたからね。昨年のアキレス腱断裂で引退してもおかしくなかったが、『弟弟子の横綱・日馬富士の露払いを、もう一度やってあげたい』という気持ちがあったのかもしれない。横綱土俵入りの露払いや太刀持ちは、幕内力士にしか許されていないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る