大物OB勧誘も効果なし 大谷の行き先は“二刀流プラン”次第

公開日: 更新日:

 メジャーでも希少な二刀流選手の獲得を巡って、各球団とも策を講じている。

 著名なMLBリポーターであるケン・ローゼンタール氏が大リーグ情報サイト「ファンサイデッド」で明かしたところによれば、マリナーズは大谷翔平(23)との交渉役に通算630本塁打のケン・グリフィーJr(47)を起用。マリナーズの特別相談役を務める大物OBを使って大谷を口説き落とす作戦らしい。

 大谷取りに動くとみられるレイズも今年のドラフト1巡目指名、マイナーで二刀流としてプレーしたブレンダン・マッケイ(21)が交渉の場に同席。マイナーでの実体験を説明し、大谷の歓心を買うプランだという。

 他にも大谷を狙う球団は、チームをアピールするため、エースや主砲を交渉役に立てるとみられる。しかし、大物選手らのラブコールが最終的な決め手になるとは考えにくい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る