• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「全日本相撲協会」と「新日本相撲協会」に分裂する正夢

両国国技館(C)日刊ゲンダイ

 日馬富士殴打事件のゴタゴタの行く末を夢想。

 改革を主張する一派と、今のままがいいと主張する一派が対立して後へは引かず、八角理事長が恐れていた問題が次々にハッカクして(ここ笑えよ)、ついに協会は、相撲は興行なんだから明るく楽しくやろうという「全日本…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事