• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキースの若き主砲ジャッジが左肩の軟骨除去手術へ

 メジャーを代表する若き主砲がメスを入れることになった。

 ヤンキースは21日(日本時間22日)、今季、本塁打王(52本)と新人王をダブル受賞したアーロン・ジャッジ外野手(25=写真・AP)が左肩関節の内視鏡手術を受けると発表。手術は軟骨(通称ねずみ)を除去するもので、来年2月の春季キャンプには間に合う見込みだという。

 今季、右翼の定位置を獲得したジャッジは155試合に出場し、打率2割8分4厘、52本塁打、114打点。身長201センチの恵まれた体格を生かした驚異的なパワーで本塁打を量産し、新人では大リーグ史上初の50発を放った。

 米メディアによれば、ジャッジは7月の球宴明けから患部に違和感を訴えていたそうで、8月の月間成績は打率1割8分5厘、3本塁打と精彩を欠いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る