ヤンキースの若き主砲ジャッジが左肩の軟骨除去手術へ

公開日: 更新日:

 メジャーを代表する若き主砲がメスを入れることになった。

 ヤンキースは21日(日本時間22日)、今季、本塁打王(52本)と新人王をダブル受賞したアーロン・ジャッジ外野手(25=写真・AP)が左肩関節の内視鏡手術を受けると発表。手術は軟骨(通称ねずみ)を除去するもので、来年2月の春季キャンプには間に合う見込みだという。

 今季、右翼の定位置を獲得したジャッジは155試合に出場し、打率2割8分4厘、52本塁打、114打点。身長201センチの恵まれた体格を生かした驚異的なパワーで本塁打を量産し、新人では大リーグ史上初の50発を放った。

 米メディアによれば、ジャッジは7月の球宴明けから患部に違和感を訴えていたそうで、8月の月間成績は打率1割8分5厘、3本塁打と精彩を欠いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る