ヤンキースの若き主砲ジャッジが左肩の軟骨除去手術へ

公開日:

 メジャーを代表する若き主砲がメスを入れることになった。

 ヤンキースは21日(日本時間22日)、今季、本塁打王(52本)と新人王をダブル受賞したアーロン・ジャッジ外野手(25=写真・AP)が左肩関節の内視鏡手術を受けると発表。手術は軟骨(通称ねずみ)を除去するもので、来年2月の春季キャンプには間に合う見込みだという。

 今季、右翼の定位置を獲得したジャッジは155試合に出場し、打率2割8分4厘、52本塁打、114打点。身長201センチの恵まれた体格を生かした驚異的なパワーで本塁打を量産し、新人では大リーグ史上初の50発を放った。

 米メディアによれば、ジャッジは7月の球宴明けから患部に違和感を訴えていたそうで、8月の月間成績は打率1割8分5厘、3本塁打と精彩を欠いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る