ヤ軍ジャッジ 不振の裏に審判「ルーキーいじめ」の洗礼も

公開日: 更新日:

 ヤンキースの若き主砲が不振に喘いでいる。

 今季、新人ながら52本塁打を放ちホームランキングになったアーロン・ジャッジ(25)。ポストシーズンでも豪快な一発を期待されたが、ここまで8試合で31打数4安打の打率1割2分9厘、1本塁打、4打点とサッパリ(14日終了時)。3日(日本時間4日)のツインズとのワイルドカードゲームで本塁打を放って以来、7戦連続で一発が出ていないのだ。

 短期決戦では、相手バッテリーから警戒され、厳しい攻めにあって結果を残せない強打者は少なくない。ましてやジャッジは大舞台での経験に乏しいだけに、相手投手に翻弄されるのは仕方のないことだ。が、その一方で、審判を敵に回している可能性もあるという。

 メジャーでは審判がルーキーに洗礼を浴びせるのは珍しいことではない。ルーキーの投手、野手の場合、球審によるストライクゾーンの判定が厳しくなるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る